工場設備について

谷田工場 《 Tanda Factory 》

谷田工場
全体敷地116,678㎡(35,357坪)
(ヤフオクドームの1.65倍)

2005年3月、谷田工場は大型シリンダライナの素材から完成までの一貫生産体制を完備し、鋳造工場においてはクリーンファウンドリーを徹底し、素材品質の向上と更なる強度アップを追求しています。 機械工場では、高精度の工作機械と蓄積した加工技術を以って、より高い加工精度を目指すとともに、効率的な流れ生産によるリードタイム短縮を図り、お得意様に満足頂ける製品づくりに邁進しています。



谷田鋳造工場
谷田鋳造工場 操業1992年10月~

鋳造工場1棟 9,894㎡(2,998坪)

10t熱風送風式(水冷)キュポラ 2基
20tショットブラスト装置 1基
20tシェイクアウトマシン 1基
10t鋳物砂処理装置 1基
10t鋳物砂混練設備 2基 他3基
鋳物砂冷却装置 1基
発光分光分析装置 1基
75KWコンプレッサ 2基 他2基
20t砂型乾燥炉 1基 他2基
50tクレーン 1基 他19基
------------------------------------------
木型工場1棟(1階/2階建) 167㎡
帯鋸盤他
------------------------------------------
木型倉庫1棟(2階建) 1,633㎡(495坪)
1tクレーン 1基


谷田機械工場123
谷田機械工場(2棟) 操業 2005年3月~

第1機械・第2機械・第3総合工場
8,639㎡(2,618坪)

NC旋盤 10台
孔グリ盤 7台
マシニングセンタ 7台
冷却孔加工機 4台
2軸ポート加工機 4台
ホーニング加工機 3台
その他工作機械 9台
その他設備 24基
15tクレーン 5基 他8基


谷田機械工場4
第4機械工場
3,563㎡(1,080坪)

NC旋盤 10台
孔グリ盤 7台
その他工作機械 5台
焼鈍炉 4基
その他設備 14基
20tクレーン 1基 他2基



大村方工場 《 Omuragata Factory 》

大村方工場
大村方工場 操業 1986年5月~

全体敷地15,401㎡(4,667坪)

1986年(昭和61)理研ピストンリング㈱が中速ディーゼル機関用シリンダライナ製造から撤退し、その業務を引き継ぐため遠心鋳造法によるシリンダライナの生産設備が必要となり、 鹿島市古枝の大村方工場団地に大村方鋳造工場を建設し、併せてダクタイル鋳物の生産体制を整えました。

2005年(平成17)には素材から機械仕上・出荷までの1工場完結生産を目指して、機械工場を建設し受注状況に応じた加工能力を充実するための設備の導入を計りました。

現在はシリンダライナのみならずシリンダカバの素材から仕上・完成・検査までの一貫した設備を整え、お客様からの注文に対応できる環境を完備しています。



大村方鋳造工場
鋳造工場1棟
2,535㎡(768坪)
3t中周波誘導炉 1基
1t中周波誘導炉 1基
振動造型システム 1基
遠心鋳造設備 4基
8tシェイクアウトマシン 1基
20t砂混練装置 1基 他2基
2.5tモノレールブラスト 1基
5t鋳物砂再生装置 1基
砂冷却装置 1基
焼鈍炉 2基
発光分光分析装置 1式
10tクレーン 1基 他11基


大村方機械工場
機械工場3棟
1工場1,054㎡(319坪)
2工場1,143㎡(346坪)
3工場1,086㎡(329坪)

(1工場)
NC旋盤 4台
孔グリ盤 6台
ターニング 2台
その他工作機械 2台
10tクレーン 1基 他2基

(2工場)
NC旋盤 3台
孔グリ盤 3台
ガンドリル機 2台
マシニングセンタ 2台
その他工作機械 8台
5tクレーン 3基 他1基

(3工場)
ターニングセンタ 1台
ターニング 2台
マシニングセンタ 2台
ラジアルボール盤 1台
5tクレーン 2基 他3基
三次元測定機 1台

横田工場 《 Yokota Factory 》

横田工場
横田工場
操業 1944年6月~ / 2008年9月~

全体敷地25,231㎡(7,645坪)

当社発祥の地横田工場は新設の谷田工場へ2004年(平成16)鋳造と機械加工部門を集約移転した後、操業を停止していましたが、 2008年(平成20)年9月に生産を再開しました。

2014年(平成26)12月横田工場の生産多様化を目指して既存の8トン炉の電源を利用した3トン中周波誘導炉を新しく設置するなど、中小型鋳物部品の工場として新たなスタートを切りました。



横田鋳造工場
鋳造工場1棟 3,718㎡(1,126坪)

8t中周波誘導炉 1基
3t中周波誘導炉 1基
20t鋳物砂混練装置 2台
10t鋳物砂処理装置 1式
鋳物砂冷却装置 2台
15tモノレールブラスト 1基
10tシェイクアウトマシン 1基
25tクレーン 1基 他14基
発光分析装置 1式


横田機械工場
機械工場2棟
2工場 744㎡(225坪)
3工場2,742㎡(831坪)

(2工場)
NCターニング 2台
マシニングセンタ 2台
その他工作機械 4台
7.5tクレーン 1基 他2基

(3工場)
NC旋盤 6台
孔グリ盤 4台
マシニングセンタ 2台
ホーニング機 1基
その他工作機械 1台
15tクレーン 1基他 6基
焼鈍炉 2基
三次元測定機 1基


錬磨
技能習得道場 錬磨
Skill Up Training Center

~ 技能・技術の継承 ~
さらなる自動化、高度な数値制御加工には個人固有の技能・技術を高める必要があるとして、技能・技術の伝承を目的とした鍛錬の場を設けました。
 一昔まえの先輩社員の技を見て覚えるやり方のみではなく、先輩社員から「鋳造・加工・仕上げ」の基本技能の指導を受け、 それらを身に着け実践するための積極的な教育システムです。


錬磨

1.鋳造

Foundry
錬磨

2.機械加工

Machining
錬磨

3.手仕上げ

Hand finishing
錬磨

4.完成品

Finished work

画面TOPへ戻る

研究開発設備

材質

材質説明

材質
[大型ライナ用]ターカロイ(x100)

置注方法で鋳込まれたターカロイ製品の組織

組織はパーライト基地に片状黒鉛が析出し、ハードフェイズ(硬質相)が均一に分布。 小型から大型のシリンダライナの製造に用いられています。

いずれの製品もパーライト基地中に黒鉛、ハードフェイズ(硬質相)が均一に分布しなければいけません。 ハードフェイズ(硬質相)は耐摩耗性を良くし、黒鉛は潤滑性を向上させます。 これらの組織は、強度、伸び、硬度、化学成分が規格を満足する製品でなければいけません。


材質
[遠心鋳造ライナ用]特殊鋳鉄(x200)

遠心鋳造で鋳込まれた特殊鋳鉄の製品の組織

遠心鋳造法による製造のため、黒鉛、ハードフェイズ(硬質相)の析出は小さく基地のパーライトが緻密であり高い強度が得られます。 小型、中型のシリンダライナの製造に用いられています。


材質
[フェライト基地]ダクタイル鋳鉄(x100)

ダクタイル鋳鉄は黒鉛が丸いので球状黒鉛鋳鉄と呼ばれ、伸びがあり、強度が強くて粘り強い製品です。 弊社の球状黒鉛鋳鉄は舶用、発電用のシリンダカバーなどの製品に多く使用されています。



研究開発・試験設備

下記の顕微鏡は、お客様からの要求で材質の数値を提出する必要があるため、その必要なデータを計測するための機器です。
時代の変化とともに検査内容が厳しくなってきていますので、その数値をこれら機器を使用して精密に検査しなければなりません。



横田工場
Leica顕微鏡
Leica microsope

主に黒鉛のサイズ(長さ)、ハードフェイズ(硬質相)の量を計測します。自動で一定の範囲を計測する事が出来ます。新製品の受注時等に、仕様確認に使用します。





横田工場
デジタル顕微鏡 +
超深度マルチアングルレンズ

Digital microscope  +
Super depth multiple angle lens

デジタル顕微鏡はハードフェイズ(硬質相)の量を調べる時に使用され、社内で一番使用頻度の高い機器になります。




その他試験設備

システム倒立型金属顕微鏡 
System inverted metallographic microscope
3次元CAD (湯流れ・凝固シミュレーション用ワークステーション)
3-D CAD and computer simulation system
油圧式ブリネル硬さ試験機 
Oil-hydraulic Brinell hardness tester
電気マッフル炉 
Electric muffle furnace
砂試験機 
Sand tester
ショア硬度計 
Shore hardness tester
表面粗さ測定器 
Surface roughness tester
超音波深傷機 
Ultrasonic investigation equipment


技術部の紹介

技術部材料試験課
技術部材料試験課

万能試験機は製品の強度や伸びを測定するための試験装置です。

製品1つに対し必ず行なう試験です。テストピースを破断するまで引っ張るため、大きな音がします。




技術部研究開発課
技術部研究開発課

より高強度で耐摩耗性に優れたシリンダライナ材を研究しています。2008年3月に回転曲げ疲労試験機、2010年3月に蛍光X線分析装置を導入し、より高度な品質の研究が実現されました。





技術部設計課
技術部設計課

主に客先図面を社内製作用に整備しています。現在はコンピュータを使って効率的に作業しています。








画面TOPへ戻る

技能検定保持者

第3回 内閣総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞受賞者

海事関係功労者(舶用ディーゼルエンジンのシリンダ・ライナの鋳造)
2009年7月 井手 眞一郎

ものづくり日本大賞 (クリックすると外部へリンクします)
内閣総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」は、 2年に1回、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、 さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や、伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、 ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる方々を顕彰する制度です。

厚生労働大臣表彰

現代の名工(卓越した技能者)
2006年11月 井手 眞一郎[鋳物工]
2015年11月 田原 秀美 [旋盤工]
2015年11月 一瀬 昌利 [木型木工]

現代の名工(卓越した技能者)表彰制度について (クリックすると外部へリンクします)

中央職業能力開発協会 認定 高度熟練技能者

鋳造職種(鉄鋼・非鉄金属製造関係業種)
2000年03月 井手 眞一郎
2008年08月 平野 繁男

機械加工(輸送用機械器具製造関係業種)
2001年02月 田原 秀美


高度熟練技能者認定について (クリックすると外部へリンクします)

厚生労働省 ものづくりマイスター

2013年8月 井手 眞一郎 [鋳造]
2013年8月 田原 秀美 [機械加工]
2013年8月 渕上 政徳 [鋳造]
2015年7月 福田 昭成 [機械加工]
2015年9月 卜部 員雅 [機械加工]

ものづくりマイスターとは (クリックすると外部へリンクします)


日本舶用工業会 舶用マイスター認定

2009年10月 峰 正已 [機械加工]
2012年10月 宮﨑 良政 [機械加工]
2012年10月 山下 保徳 [鋳造]
2014年10月 諸岡 健一 [設計]
2016年10月 渕上 政徳 [鋳造]
2017年10月 福田 昭成 [機械加工]

舶用マイスターとは (クリックすると外部へリンクします)


佐賀マイスター

2002年08月 井手 眞一郎
2011年10月 渕上 政徳

佐賀マイスターとは (クリックすると外部へリンクします)

社内 範師・準範師制度

範 師
第1号 2006年03月 井手 眞一郎
第3号 2016年01月 田原 秀美
第4号 2016年01月 一瀬 昌利

準範師
第2号 2006年03月 平野 繁男
第3号 2006年03月 大隈 泰法
第5号 2016年01月 渕上 政徳

技能検定合格者
(※1級以上のみ掲載。但し、既に1級合格済の特級合格者は特級のみ記載)

特級鋳造技能士
井手 眞一郎、松永 哲雄、三ヶ島 芳朗、渕上 政徳

特級機械加工技能士
田原 秀美、卜部 員雅、宮﨑 良政、福田 昭成、冨永 慎

1級 鋳造技能士

下村 和晴、平野 繁男、廣川 信一郎、山下 保徳、井手 初、大曲 弥素男
橋爪 隆之、鶴 輝実、吉村 久次、池田 洋孝、前田 正義、石橋 龍幸、坂本 仁司
松本 満好、山口 明彦、藤井 光彰、安冨 正徳、藤川 宏和、石瀧 大高、吉田 常彦
野中 雅博、小野 幸義、松本 幸一、坂本 幸一郎、鶴 茂樹、古賀 信行、福山 勝海
田中 勝広、永渕 和隆、小野 裕二、淵上 修治、牟田 建、吉本 尚史、山口 一也
田口 雄三、森永 雅人、今村 優友、中村 日出樹、鍋島 大志、尾﨑 賢一、馬場 平
岡 孝昭、山口 鉄也、田原 裕二、黒木 賢一、山口 真悟、原口 洋平、池田 潤也
井手 孝、井上 和哉、矢壁 和剛、坂本 亮太、一ノ瀬 正和、大隈 真由美
大財 美枝子、山中 健太郎、井手 章仁、前田 敬介


1級 機械加工技能士

普通旋盤
渕上 健吾、峰 正已、藤瀬 昭彦、川崎 正次、草場 麻敏、藤村 浩文
中尾 和久、小林 和明、前田 貴弘、久原 佑太、森田 貴文、小池 祐亮、大曲 祐一
釘尾尚路、植松健一、野崎 翔太、松林 博史、小柳 良太郎

フライス盤
岩下 英明、中尾 和久、草場 麻敏

マシニングセンタ
田中 賢典、浦野 浩史、宮﨑 康弘、松本 太郎、中村 光延、峰松 伸二、小林 和明
森田 貴文


1級 仕上げ技能士

治工具仕上げ
織田 賢二、藤本 貴、溝江 裕也、松尾 晴樹、池田 真司、立川 健志

機械組立仕上げ
溝江 裕也、織田 賢二、久原 佑太 、藤本 貴

1級 機械保全技能士

福田 昭成、田口 泰光、釘尾 正人、團 英樹、井﨑 哲剛、平田 潤貴、松本 太郎

1級 木型技能士

一瀬 昌利

電気主任技術者

大隈 泰法、井﨑 哲剛、山口 鉄也


画面TOPへ戻る